• 国境や人種を超えたスポーツの力とゴルフの愉しさをすべての人に。
  1. ホーム >
  2. ISPSゴルフイベント告知 >
  3. ファルドが未来のチャンピオンを育成!第3回メジャーチャンピオ...

ファルドが未来のチャンピオンを育成!第3回メジャーチャンピオンズインビテーショナル

メジャー6勝のニック・ファルドが大会のホストを務める男女トップアマの戦い「メジャーチャンピオンズ招待」。

今年は日本人アマ・森山友貴くんが男子の部で優勝の快挙を達成した!

©Major Champions Invitational

ISPSアンバサダー
ニック・ファルド(イギリス)/写真中央

1957年7月18日生まれ。メジャー6勝を挙げ、世界で通算41勝。欧州ツアーでは2度賞金王に輝き、世界最高ランクは1位。世界ゴルフ殿堂入り選手。現在はゴルフ中継の解説者として活躍。ジュニア育成にも注力している。

【男子優勝】
森山友貴(日本)/写真右

2001年6月28日生まれ。現在はラスベガスに拠点を置き、2020年からオレゴン大学に在学中。世界アマチュアゴルフランク727位。AJGAランク37位。

【女子優勝】
ゾー・アントワネット・カンポス(アメリカ)/写真左

カリフォルニア州出身。2019年オーガスタ女子アマ選手権5位。現在、世界アマチュアゴルフランク59位。

メジャーチャンピオンから将来有望なジュニアへ

今年で3年目を迎える「メジャーチャンピオンズ・インビテーショナル」は、メジャー6勝、世界ゴルフ殿堂入り選手のニック・ファルドがホストを務めるジュニアの大会。

トム・ワトソン、ジャック・ニクラス、ローリー・マキロイ、ジョーダン・スピース、アダム・スコット、アニカ・ソレンスタム、ナンシー・ロペスなどが今大会のコンセプトに賛同し、来場が可能な選手は直接ジュニアたちに技術・メンタル面でのサポートを行なっている。

ジュニアゴルファーには夢のような大会だ。

参加者はアメリカを中心に、世界の男女トップアマが集結し、団体戦と個人戦の両方で優勝争いが繰り広げられるが、今年は個人戦で日本の森山友貴くんが優勝。
ファルドから優勝カップが贈呈された。

なお、今大会は今、ゴルフ界を騒がせている「ゴルフサウジ」がスポンサー。サウジのゴルフへの支援はこんなところにも及んでいる。

R・マキロイ、Y・ツェンらを輩出
世界のジュニアをサポートするファルド・シリーズ

©Major Champions Invitational

優勝した森山(左)に声をかけるニック・ファルド(右)

世界中でジュニアイベントをやりたい!

ニック・ファルドが1996年に発足した「ファルド・シリーズ」は、12歳〜21歳までの男女ジュニアのグローバルな大会で、毎年28カ国、38トーナメントが開催。

世界アマチュアゴルフランキングのポイントの加算大会となっている。

参加者は7000人以上で、現在はアメリカ、アジア、ヨーロッパの区域に分類。

それぞれの区域でのファルド・シリーズのグランドファイナルで優勝した選手は「ニック・ファルド・グランドファイナル」に進出し世界一を目指す仕組みになっている。

過去、ローリー・マキロイ、ヤニ・ツェン、ティレル・ハットンなどがこのファルド・シリーズの卒業生。山口すず夏も2018年のアジア・グランドファイナルで優勝している。

ファルドは現在、ゴルフ中継の解説や他のビジネスでも忙しい身だが、「世界のジュニアに戦いの場を提供し、未来のメジャーチャンピオンを育てたい」とジュニア育成には特に力を注いでいる。

©Major Champions Invitational

男子の部で優勝した森山友貴

©Major Champions Invitational

女子の部で優勝したゾー・アントワネット・カンポス

©Major Champions Invitational

男女36名、全部で72名のトップジュニアたちが3日間戦った

©Major Champions Invitational

団体戦の優勝トロフィ(中央)と男女個人戦の優勝トロフィ(左右)

©Major Champions Invitational

真剣にスコアを確認するアテストシーン

©Major Champions Invitational

ジュニアゴルファーは「カツギ」が基本

©Major Champions Invitational

サムアップ姿がキュートなコーリー・ロペス(メキシコ)

メジャー3勝のジョーダン・スピースも会場に駆けつけ、チームメンバーを応援

2020年1月27〜29日
ルックアウト・マウンテンGC
(米国アリゾナ州フェニックス)

最終成績

Mens

森山友貴(日本)−12
G・アンダーソン(スウェーデン)−11
N・エストラーダ(米国)−8
J・パーク(韓国)−7
T・モリソン(米国)−4
A・ゴンザレス(メキシコ)
E・スマイリー(豪州)−3
J・ウォーカー(米国)
J・リー(韓国)−2
T・Y・チェン(台湾)−1
C・ジャン(米国)
R・リンゼイ(スコットランド)

Ladies

Z・カンポス(米国)−11
T・ロバーツ(米国)−9
J・ソン(豪州)
J・クレアリー(米国)−8
R・ベルシャム(英国)−4
A・ゼバロス(アルゼンチン)
L・ルブドクビスト(スウェーデン)
A・メン(米国)−3
J・ベーカー(英国)
E・ファガーステン(スウェーデン)
S・ユ(中国)

Text/Eiko Oizumi
Photo/Major Champions Invitational

関連する記事