• 国境や人種を超えたスポーツの力とゴルフの愉しさをすべての人に。
  1. ホーム >
  2. ISPSゴルフイベント告知 >
  3. ISPS初の「男子・女子・シニアの3ツアーミックストーナメン...

ISPS初の「男子・女子・シニアの3ツアーミックストーナメント」   身長188cmの幡地隆寛が優勝

医療従事者応援・ISPS HANDAゴールデン・ミックス・トーナメント!!

開催日程: 2020年11月9日〜10日(2日間競技)

開催会場:草津カントリークラブ(群馬県)

Text / Eiko Oizumi

Photo/大会提供

医療従事者応援・ISPS HANDAゴールデン・ミックス・トーナメント!!」を制した幡地隆寛(右)とISPS半田晴久会長。全選手の賞金の10%は医療従事者支援のために寄付された。

 紅葉も終わりに差し掛かり、小雪が舞う草津で開催された、男子・女子・シニアの3ツアーの選手による「ゴールデン・ミックス・トーナメント!!」。男子ツアーの幡地隆寛が松本将汰とのプレーオフを制し、優勝を遂げ、優勝賞金600万円を獲得した。

「この間のAbemaTVツアー(最終戦)の試合でプレーオフで負けているので、なんとか勝てて良かったです。今週はシニア、女子と一緒という形式でしたけど、いつも通りの試合の感覚でできました」

 幡地は広島県の出身で、1993年生まれ。東北福祉大在籍時代は「日本アマ」ベスト16入りを果たし、2015年の「関東学生」では優勝を飾っている。同年にプロ入りを果たしたものの、2018年までツアーでは予選通過ゼロ。しかしその後AbemaTVツアーで徐々に成績を上げ、「南秋田CCみちのくチャレンジ」で2位に入り、賞金ランク14位に。2019年からレギュラーツアーにも挑戦しているが、賞金ランク67位でシード権を逃した。今年もAbemaTVツアーとレギュラーツアーの両ツアーに出場し、AbemaTVツアーでは「ディライトワークスチャレンジ」で2位に入賞。日本オープンにも出場し、48位タイに入った。身長188cm、体重98kgの文字通り「大型プレーヤー」である。

「このあとVISA(三井住友VISA太平洋マスターズ)に出場するんですが、いい形で試合に臨めそうで楽しみです」と優勝後に語っていた幡地。大会前は連戦の疲れのせいかクラブが思うように振れず、1週間休んでクラブを握っていたなかったという。そして今大会の練習ラウンドでもアンダーパーを出せるような状況ではなかったというが、試合に入るとショットの調子を取り戻し4アンダー発進。2日目もスコアを3つ伸ばして7アンダーとした。

 今大会での優勝で自信をつけた幡地は、三井住友VISA太平洋マスターズでも予選通過を果たし、25位タイに入っている。

草津の冷たい風の中、安定したショットで勝利を手にした幡地。
今週からシニア入りを果たした野仲茂は、首位と2打差の3位タイに入った。
ISPSアンバサダーの酒井美紀は、通算イーブンパーで12位タイ。
女子の部では最上位にランクインした。

関連する記事