• 国境や人種を超えたスポーツの力とゴルフの愉しさをすべての人に。
  1. ホーム >
  2. ISPSゴルフイベント告知 >
  3. 【ISPS HANDAコロナ喝!! チャリティーレギュラート...

【ISPS HANDAコロナ喝!! チャリティーレギュラートーナメント】比嘉一貴が新妻に捧げる優勝

始発電車で駆けつけてくれた新妻に捧げる完全優勝

コロナ禍の中、最も大きな打撃を被っているのは国内男子ツアーの選手たちだ。

女子に比べると試合数も少なく、それでは気の毒だとISPS半田会長が立ち上がり、JGTOとコラボで急遽開催したチャリティートーナメント。

食べ放題や魚釣りなどのおもてなしも進化し楽しくプレーして、観戦できる大会となっている。

ISPS HANDAコロナに喝!! チャリティーレギュラートーナメント
2020年10月29日〜31日/福島県・五浦庭園CC


©ISPS

【優勝】 比嘉一貴

1995年4月23日生まれ。158cm、70kg。2017年プロ転向。東北福祉大出身。2019年「RIZAP KBCオーガスタ」でツアー初優勝。宮里優作らの父・宮里優氏に師事。

JGTO青木功会長(左)とISPS半田晴久会長(右)。

©ISPS

アイアンショットの距離感に悩みながらも、なんとか調整。優勝にこぎつけた比嘉。

早く元のトーナメントに戻って欲しい!

ISPSが7月末以降、一貫して続けている「コロナに喝!!」シリーズも、いよいよ佳境を迎えている。

過去のJGTOとの確執を全て水に流し、試合に出たくても試合がないため、戦えない選手たちを思い、ISPS半田会長が急遽、JGTOと共催で立ち上げた「チャリティートーナメント」。
予選落ちした選手にも一律6万円の賞金が支給されるという、出場者全員にやさしい試合である。

優勝したのは昨年ツアー1勝を挙げた新進気鋭の比嘉一貴。初日から首位をキープし、完全優勝を果たした。

「(1月に)結婚後、初めて優勝したので、奥さんも喜んでくれると思います。」

今大会の優勝を自信に変えて、より大きな舞台での活躍に期待したい。

Text & Photo/Eiko Oizumi Photo/ISPS

関連する記事