• 国境や人種を超えたスポーツの力とゴルフの愉しさをすべての人に。
  1. ホーム >
  2. ISPSゴルフイベント告知 >
  3. ISPSのゴルフトーナメントは毎試合進化を遂げている。

ISPSのゴルフトーナメントは毎試合進化を遂げている。

「ISPS HANDA医療従事者応援 ジャンボ尾崎記念チャリティトーナメント」

2020年9月14日〜15日

千葉県:GOLF5カントリーオークビレッヂ

Text & Photo/Eiko Oizumi

プレー後に、クラブハウス前のいけすで釣りを楽しむ選手たち。

 ギャラリーには先着1000名にお弁当とお茶のセットやアイスを配布したり、選手たちにはトウモロコシやスイカ、パンの食べ放題を行うなど、毎回少しづつ異なる工夫を凝らして楽しいトーナメントを作り上げているISPSだが、今大会は選手たちに魚釣りの場を提供。童心にかえっていけすに糸を垂れ、タイやカンパチ、ヒラマサ、シマアジ、うなぎ、伊勢海老など高級魚介類を釣り上げ大喜びだった。

「女子プロの試合ではパン食べ放題を実施しましたが、男子は何を喜ぶのか?と思った時に“釣り”だろうと思いました。1日3匹、2日で6匹まで釣ってOKとし、魚さばき隊がいるので、魚をさばいて宅急便で送れるようにしました。ゴルフのスコアがイマイチだった人は、魚を釣って夕食2食分をゲットするというのも楽しいだろうなと思ってやったら、谷原(秀人)さんはうなぎ3匹、片山晋呉さんはタイを釣ったそうです。今までのトーナメントにはない、選手やキャディへのホスピタリティです」

 なお、表彰式の半田氏のスピーチでは今秋、男子、女子、シニアが40名ずつ出場する「ISPSチャリティ3ツアーズ」を行う案もあると発表。日程や場所は未定。これから日没が早まる季節だが、一人でも多くの選手に出場してもらうため、早朝から日没まで、暗くなったら投光器を照らして行うとしている。また、ISPSのゴルフトーナメントは常に有観客で行ってきたが、今大会でもギャラリーを入れて、弁当、お茶のサービスにアイスやみかんの食べ放題、甘酒の飲み放題サービスも追加するという。

「ISPSは、選手やギャラリーに喜んでもらえる試合を開催します。そして私自身も楽しくやりたいと思っています」(半田会長)

ISPSが再びJGTOとタッグを組んで、男子ゴルフ界を盛り上げていく。今年はチャリティトーナメントを実施予定(中央はISPS半田晴久会長)。
ISPS専属契約選手の藤本佳則はケガのため欠場したが、いけすのタイを釣り上げ大喜び。

トウモロコシ食べ放題は、今年の8月末に開催されたシニアトーナメントから続く選手たちへのサービス。ラウンドの合間にトウモロコシで小腹を満たすISPS専属契約選手の中西直人(左)。

ギャラリーは入り口で手指の消毒、検温、次亜塩素酸水によるうがいなどを行ってから入場する。マスクやフェースシールド、ビニール手袋も無料で配布され、徹底したコロナ対策をとっている。
先着1000名のギャラリーにはお弁当とお茶のセットを無料配布した。

関連する記事