• 国境や人種を超えたスポーツの力とゴルフの愉しさをすべての人に。
  1. ホーム >
  2. ISPSゴルフイベント告知 >
  3. 19歳の久常 涼
    チャレンジツアーで今季通算3勝を飾り...

19歳の久常 涼
チャレンジツアーで今季通算3勝を飾り、
レギュラーツアー参戦、米ツアー推薦出場へ

「ISPS HANDAヒーローになれ!チャレンジトーナメント」で優勝した久常 涼。

Text/Eiko Oizumi
Photo/ISPS、大会提供

 今年からプロ転向し、JGTO下部ツアー(チャレンジツアー)のAbemaTVツアーに出場していた19歳の久常涼が、「ISPS HANDAヒーローになれ!チャレンジトーナメント」(9月22日〜24日:アローエースゴルフクラブで開催)で優勝。今季AbemaTVツアーで3勝目を挙げ、優勝賞金360万円を獲得。下部ツアー初の年間賞金1000万円を突破した。なお、下部ツアーで年間3勝は2001年のS.K.ホ以来の記録である。また、「AbemaTVツアーで年間3勝した者」は翌週のレギュラーツアーの出場権を手にすることができるが、久常はISPSの大会で優勝することで、まさしく「ヒーローになれ!」という大会名通り、レギュラーツアーのヒーローとなる道を歩み始めた。

「(ツアー)3勝目を狙っていた。先週も調子が良い中でパッティングが決まらなかったが、今週は僕向きのコースでスコアの伸ばし合いだったので、ちゃんと取れるホールもいっぱいある分、そこを獲れればいいスコアにつながると思っていた。それが3日間できたのは本当に大きい」

 ツアー3勝目を決め、どうにかレギュラーツアーへの出場権を決めたかった久常。大会週に開催コースと同県にある日光東照宮へ神頼み。その霊験あらたかだったのかは不明だが、自身が使っていたロッカー番号とストローク数がともに偶然198で優勝できたという。

 また1打ビハインドで最終ホールを迎えていた久常は、残り20ヤードの距離でチップインイーグルを決め、劇的逆転優勝。この神がかったチップインイーグルも、神様からのプレゼントかもしれない。ともに初優勝がかかっていた大西魁斗、鍋谷太一も最終ホールでバーディを奪ったが、久常にはあと1歩届かなかった。

早速翌週のレギュラーツアー「バンテリン東海クラシック」から本格参戦している久常は、9位タイに入賞し、賞金額266万2000円を獲得。「ブリヂストンオープン」はもともと推薦をもらっていたが、36位タイに入った。

 そして、彼のこれまでの活躍が認められ、日本開催のPGAツアー「ZOZOチャンピオンシップ」への推薦出場権も獲得。レギュラーツアー本格参戦の夢も叶い、次は海外ツアーへ。とんとん拍子にヒーロー街道を歩み始めた久常の、今後の活躍に注目したい。

ショットの精度に定評がある久常。パッティングもうまい、オールラウンドプレーヤーだ。
JGTOの青木功会長(左)からドラコン賞を受賞する久常(右)。
ニヤピン賞もあるのが、ISPSのゴルフイベントの特徴。プロたちも嬉しそう。
最終日に63をマークし、ベストスコアを記録したISPSアンバサダーの鍋谷太一。アローエースGCからベストスコア賞を受賞した。

関連する記事