• 国境や人種を超えたスポーツの力とゴルフの愉しさをすべての人に。
  1. ホーム >
  2. ISPSゴルフイベント告知 >
  3. ゴルフツアー史上初の「ゴルフ×プロレス」合体イベント

ゴルフツアー史上初の「ゴルフ×プロレス」合体イベント
ゴルフ界活性化計画 ゴルフ文化の創造を!

ジャガー横田(上)に「吊り天井」の技をかける井上京子
ジャガー横田(上)に「吊り天井」の技をかける井上京子

Text & Photo/Eiko Oizumi
Photo/ISPS

ゴルフ界の革命児「ISPS」が、今年も前代未聞の試みに挑戦し、大きな話題となっている。

 

昨年はコロナ禍で無観客の試合が多い中、世界のツアーに先駆けて有観客で試合を開催したISPS。ゴルフ場に足を運んでくれた観客や出場してくれた選手たちをもてなし、楽しんでもらおうと、アイスの食べ放題やとうもろこし、スイカ、パン、焼き芋、おでん食べ放題(選手向け)、いけす釣り堀(選手向け)など数々のサービスを実施してきた。だが、今回のシニアトーナメントでは世界中を見渡しても過去に前例のない「プロレス」と「ゴルフ」の融合を試みたのだ。

 

プロレスのリングをグリーン脇に設営し、トーナメントが終了し、表彰式が始まる前に第1試合「女子プロレス」、第2試合「男子プロレス」、第3試合「トークバトル」を展開。女子プロレスには井上京子、デボラK  VS ジャガー横田、マドレーヌ(セコンド:ブル中野)、男子プロレスにはザ・グレート・サスケ、GAINA VS西村修、KEITA in THE House(セコンド:ザ・グレート・カブキ)が登場。第3試合のトークバトルには、SNSなどで大人気のインフルエンサー・長州力、90年代のプロレス界を牽引した闘魂三銃士の武藤敬司、マルティーナ夫人とともにアパレルデザイナーとして活躍中の蝶野正洋が登場。ISPS半田晴久会長がスペシャルゲストとしてリングに上がり、司会進行役としてプロレス界のレジェンドとの楽しいトークを展開した。

 

なお、実況は辻よしなり、解説は柴田惣一、リングアナは氏家清春と、本物のプロレス会場さながらの本格派揃いに、場内のギャラリーも大いに沸いた。

 

ISPSの半田晴久会長は「ゴルフだけでは面白くない。せっかく見に来てくれているお客さんに、もっと楽しんでもらえるよう、ゴルフ文化を創造したい」と語り、今後のISPSの試合では能や京劇、オペラ、花火大会、BBQ大会などのエンタメを活用することも示唆。男子・シニアゴルフツアーを活性化させるために、楽しめる文化を融合させる予定だ。

 

次回のISPS開催国内試合は、9月22〜24日の「ISPS HANDAヒーローになれ!チャレンジトーナメント」の予定。また男子チャレンジツアーでどんなチャレンジを見せてくれるのかに期待がかかる。

男子は、KEITA in The House(左)と西村修(右)の勝利に終わった。左から2番目はセコンドのザ・グレート・カブキ。
男子は、KEITA in The House(左)と西村修(右)の勝利に終わった。左から2番目はセコンドのザ・グレート・カブキ。
リング上で突如祈り始めた、ザ・グレート・サスケ(手前)。
リング上で突如祈り始めた、ザ・グレート・サスケ(手前)。
女子プロレスも迫力満点。蹴り上げているのはマドレーヌ、右は井上京子。
女子プロレスも迫力満点。蹴り上げているのはマドレーヌ、右は井上京子。
ジャガー横田(右)の強さも健在。
ジャガー横田(右)の強さも健在。
女子の部の優勝は、井上京子(中央)、デボラK(右)。左は一時、プロゴルファーを目指したこともあるブル中野。
女子の部の優勝は、井上京子(中央)、デボラK(右)。左は一時、プロゴルファーを目指したこともあるブル中野。
第3試合のトークバトル。左から半田晴久会長、長州力、蝶野正洋、武藤敬司。
第3試合のトークバトル。左から半田晴久会長、長州力、蝶野正洋、武藤敬司。
実況、解説者もプロレス中継さながらの本格派揃い。右から解説の柴田惣一、実況の辻よしなり、半田晴久会長。
実況、解説者もプロレス中継さながらの本格派揃い。右から解説の柴田惣一、実況の辻よしなり、半田晴久会長。

 

関連する記事