• 国境や人種を超えたスポーツの力とゴルフの愉しさをすべての人に。
  1. ホーム >
  2. ISPSゴルフイベント告知 >
  3. 【ISPS HANDA医療従事者応援ジャンボ尾崎記念チャリテ...

【ISPS HANDA医療従事者応援ジャンボ尾崎記念チャリティトーナメント】ISPSアンバサダーの谷原秀人が優勝し復活の第一歩

19年前の記憶が蘇る
初心に戻れ!谷原秀人復活の第一歩

新型コロナウイルスと闘う医療従事者を支援するため、全員の賞金額から20%を寄付にあてる目的で開催された「ジャンボ尾崎記念チャリティトーナメント」。

優勝はベテランの谷原秀人。今年は日本を主戦場としているが、再び海外で活躍するため、ゴルフの神様からメッセージが届いた!?

©︎ISPS

【優勝】 谷原秀人
(国際スポーツ振興協会)

1978年11月16日生まれ。178cm、80kg。ツアー14勝。PGAツアーに1年間本格参戦のほか、昨年まで欧州ツアーメンバーとして活躍。ISPS専属契約プロ。

ISPSアンバサダー・大会副会長
尾崎将司(右)

1947年1月24日生まれ。
181㎝、90㎏。これまで通算113勝(うちツアー94勝)。国内ツアー賞金王には12回輝いている。2010年世界ゴルフ殿堂入り。

左はISPS半田晴久会長。

19年前に新人戦で優勝したコースで再び優勝。まさかまた勝てるとは……

©Eiko Oizumi

谷原は増田伸洋の息子の康輔くん(左)をキャディに従え、優勝。増田伸洋自身も出場し、初日を終えて首位に立っていたが、谷原に逆転優勝を許した。

最終日63をマークし逆転優勝を果たした谷原

9月の時点では国内では「フジサンケイクラシック」の1試合の開催のみとなっていた男子ゴルフツアーだが、ISPSがこの度新型コロナウイルスと闘う医療従事者を支援するため、ジャンボ尾崎の名前を冠してチャリティトーナメントを開催した。
優勝はISPS専属契約の谷原秀人。
ツアー優勝は2016年の「HEIWA・PGM選手権」以来未勝利だが、非公式戦とはいえ、今大会での久しぶりの勝利に笑みがこぼれた。

「アイアンがよかったので1ピンにつけることが多くラクでしたね。プライベートラウンドではいいスコアが出ていたので、今日みたいにかみ合えばいいスコアが出る自信があります」

最終組から9組目のスタートで、首位の増田伸洋と4打差ついていたが、9バーディ、1ボギーの63と好スコアをマークして一気に逆転優勝を果たした。

谷原は表彰式であるエピソードを披露。今から19年前にオークビレッヂで新人戦が開催されて優勝。
そしてこの地を訪れたのはそれ以来だったが、再びこの地で優勝を遂げたのだ

これに対し、半田晴久会長は「この地で再び優勝して、初心に戻ってまた海外ツアーで頑張れ!というメッセージでしょう」と語った。

ホストが勝利を収め、大会を盛り上げる責任をきっちり果たした谷原は「みなさんの声援が励みになっているので、今後もトーナメントを観戦に来てください」と男子ツアーのアピールも忘れなかった。

©︎ISPS

日本ゴルフツアー選手権でメジャー1勝、国内2勝を挙げる市原弘大。

©︎ISPS

ツアー12勝、メジャーチャンピオンの宮本勝昌。

©︎ISPS

ツアー31勝、生涯シード選手の片山晋呉。

©︎ISPS

ISPS専属契約プロの甲斐慎太郎。

©︎ISPS

クラブを竿に持ち替えて、いけすの釣りに興じるプロゴルファーたち。ヒラメを釣り上げ喜ぶ宮瀬博文(左)。

©︎ISPS

握手やハイタッチは行なわず、エルボータッチがコロナ時代の新しいお作法。左から比嘉一貴、松村道央、白佳和。

©︎ISPS

「男子の強さ、迫力は我々じゃないと表現できない。男子プロはまだ数試合しかやっていないが、半田会長の絶大なる協力がなければこの大会は実現できなかった。こうして医療従事者に少しでも協力できてよかった。選手諸君、ご苦労さん!」(尾崎将司)

最終成績

ISPS HANDA医療従事者応援ジャンボ尾崎記念チャリティトーナメント
2020年9月14日〜15日/GOLF5カントリー オークビレッヂ

優勝 谷原秀人 -10
2 大岩龍一、比嘉一貴、市原弘大、甲斐慎太郎 -8
6 永澤 翔、鍋谷太一、勝俣 陵、長谷川祥平、小野田享也 -7
14 塩見好輝、中西直人 -5
31 堀川未来夢 -3
45 芳崎陽紀 -1
54 片山晋呉 E
63 宮本勝昌 +2

Text & Photo/Eiko Oizumi Photo/Yoshitaka Watanabe, ISPS

関連する記事